心理学に基づいた恋愛テクニックを紹介します Part2

f:id:OkapiOkapi:20200710083739j:plain

みなさんこんにちは。とある大学生です。

今回も前回に引き続き心理学に基づいた恋愛テクニックを紹介します。

前回の記事は以下に載せておきます。

 

www.iesuyusei.com

 

ちなみに私の実体験に基づいているわけではありませんのでご了承ください。

 

 

1.黄昏効果

これは体内時計が不安定になる夕暮れどきは、理性的な判断が劣るので相手の感情に訴えかけやすいという効果です。

要するに夕方から夜はムードが高まる時間帯なんですね。

さらに暗闇というのは相手の外見がはっきりしないため、普段より外見を高くする効果もあります。まさに告白する絶好のチャンスです。

 

そしてこの効果に加えて使ってほしいのがピークエンドの法則です。

これは自分の記憶というのは、その絶頂時にどうだったか、どう終わったかの2点を重視するという法則ですね。

だから簡単に言えば、いいムードの時とデートの終盤は印象に残りやすいんです。

だから最後に雰囲気が爆上がりした時に告白するのが、成功率は高まります。

まぁ皆さん結構無意識的に使ってることですよね笑

 

またこれとは全く関係ないですが、メールも夜の方が返信率が高いというデータもあります。なので相手から未読無視されないようにするためには夜にメール、LINE等を送るといいでしょう。

 

2.価値効用理論

これは簡単にいうとお金の金額は高くなるにつれ感じ方が鈍くなるということです。

わかりにくいかもしれませんが、例えるなら

皆さん給付金10万円貰いましたよね??

そしたらやった〜何買おうと喜ぶわけです笑

嬉しいあまりTwitterで買ったものを報告し始める人もいます笑

 

しかし宝くじで1億円当たったとしましょう。

そして実は手違いで1億じゃなくて1億10万円もらえたとします。

おそらくこの時の10万円は前者と比べてちょっとの喜びにしか感じないでしょう。

 

そしてそれを労力に置き換えてみます。

月に1回長時間会うよりも、週に何回か数時間会う方が相手の満足度は上がります。

電話やメールにしても同様です。

さらに女性というのは連絡がないと悪い想像をしてしまう生き物です。

まめに連絡しないがために彼女が悪い想像をしてしまい浮気したという知り合いもいます。

このような傾向をマム効果と言います。

 

なので特に男性のみなさんはまめに連絡を取ることを心がけましょう。

 

3.異性が快感を感じる褒め方

心理学にはジョハリの窓という用語があります。これは何かというと自分が知っていることと、相手が自分に対して知っていることを4つに分類したものです。

 

開放領域←ここを褒めてもあまり効果はない

自分→知ってる 他人→知ってる

 

盲点領域←ここを褒めると効果絶大!!

自分→知らない 他人→知ってる

 

隠蔽領域

自分→知ってる 他人→知らない

 

未知領域

自分→知らない 他人→知らない

 

それで多くの人がやってしまいがちなミスが開放領域を褒めるということです。

どういうことかというとめちゃくちゃ綺麗な女性がいるとします。

そしてその人に対して綺麗って褒めちゃうことですね。なぜNGかというと本人が美人と自覚してる可能性が高いので言われてもあまりインパクトを感じさせることができないんです。

もうちょっと砕いていうと、相手が自覚していることを褒めても相手はあまり嬉しくないということです。

 

こういう時は盲点領域を責めます。

要するに相手が気づいてないことを褒めるのです。そうすることで相手は新鮮な驚きを感じるんですね。

なので仮にめっちゃ美人と評判の人を狙う場合は外見より相手が気付いてなさそうな部分を褒めるといいでしょう。

 

4.ランチョンテクニック

聞いたことないと思いますがこれは満足感を共有した相手には心を許したり、好意を感じるということですね。

 

心理学者のグリフィットは被験者にとある人物の調査票を読んでもらい評価させる実験をしました。その際部屋を室温湿度が快適な環境と悪い環境の2種類に分けました。

 

そうすると快適な環境の被験者はとある人物の評価を高く書き、一方環境が悪い被験者は低く評価しました。

 

この実験を踏まえると、デートでも同じことがいえます。例えば一般的に美味しい食事を共にすることで相手からの評価が上がります。

 

逆にお店がおしゃれであってもその店が人気で長時間列に並んで待たなければいけなかったりすると、好きな人からの評価が下げられてしまう可能性があります。

さらに不快な環境にいると連合の法則がはたらきます。

これはどういうことかというと、1つのことがあらゆることに影響を与えるということですね。さっきの例で行くと、

店に長時間並ばされることであなた自身の容姿、性格などの評価全体を下げられるということです。

 

なのでデートなどはレストランなどは予約しとくなどスムーズに成り行くように計画を立てておいた方が断然いいです。

またドライブなどはかなりリスキーです。なぜなら思わぬ交通渋滞にハマってしまう可能性があるからです。

 

最後に

 今回は4つのテクニックを紹介しました。

心理学的根拠のあるものなのでみなさん使ってみてください。

また他にもたくさん心理学に基づいた恋愛の効果や法則などがたくさんあるのでこれからも発信していこうと思います。

今回はここまでです。

読んで頂きありがとうございました。