過去のお話しをします。小学校編(小5・6)

f:id:OkapiOkapi:20200602070601j:plain

皆さんこんにちはとある大学生です。

今回は気分転換に田舎の小学校がどんな感じだったか話そうと思います。

私はおそらく過去の話はあまりしてこなかったと思うので、ネタがないのを良い機会にしようと思います。

今回は長崎の田舎に引っ越してきた小5・6の時を書こうと思います。

長くなると思いますが、最後まで見ていただけると嬉しいです。

 

 

 

前置き

私の場合小学校5年生から長崎に引っ越してきました。それまでどこにいたかというと神奈川です。

だから都会と田舎の両方の小学校を経験してるわけですね。

よく友達からは前の小学校とどっちがよかったか聞かれました。その時私は気を利かせてどっちもいいよって言ってましたが、やっぱり都会の小学校の方が断然面白かったです。

 

小学校の下見

私ははじめも言いましたが、小5の頃引っ越してきました。

一度小学校に下見に行きましたが、その時の事でよく覚えてるのが、トイレが臭かったことですね。トイレに入ったわけではありません。

廊下を通ってトイレより5メートルくらい前の時点でめっちゃ匂ってきたんですね、それを今でもよく覚えています。

神奈川いた時は消臭剤+小学生がトイレ掃除をしていなかったため、トイレはどちらかというと清潔でした。トイレ掃除のおばちゃんが雇われていたんですね。

そんであと一つ覚えている事があります。

それはとても暑かった!

田舎の小学校にはエアコンがないんですね。だからもう蒸し暑い。

おまけにトイレが臭いでキツかったです。

 

ちなみにこの下見の時に同級生の女の子3人と出会うわけですが、衝撃な事実が....

それは私の同級生は全員で20人の女子14人男子私含めて6人って事ですね。

これはまじかいって感じでした。

 

いよいよ登校初日

緊張しました笑

男子はどうやら仲間が増えて喜んでいたようです。来たばかりの時は質問攻めでした。

それで気づいたことが田舎はアニメのワンピースが進むのが遅かったという事ですね。

確か8話くらい遅れていました。

それでそのあと体育があったわけですが、あまり面白くなかった笑

ただ走るみたいな感じでしたね〜

都会の方はやっぱりそれなりに人数がいるわけですから割となんでもするわけです。

 

でも男子6人女子14人じゃやっぱりできることは限られてくるんですね。

あと妙に走る系多いなって思ってたんですが、田舎の小学校ではマラソン大会というのがありました。

なんか1日とって1年から6年まで走らされるみたいなやつですね笑

 

授業もやっぱり進む順番が違ってはじめは色々分からないことだらけでしたね〜

 

小学校5年生の時の1年間

小5の1年間は都会とのギャップに結構戸惑っていた時期でした。

例えばなんですけど、私は少食です。だから給食を食べきらなかったり、嫌いなものがあったら残していました。

神奈川の小学校ではそれが許されていました。

なぜなら居残りさせて無理やり食べさせるといじめの原因になるからですね。

ただ田舎の小学校はそうにはいかないんですね。基本的に全部食べなければいけない。

そしておまけに神奈川の方が給食が断然美味しいし、豪華なものが出ます。

給食自体も小学校に給食室があってそこで作られていました。だから本当出来立てホヤホヤの美味しい給食っ感じですね。

ただ田舎の場合、給食センターっていうものがあってそこで作って各小学校に配送するという感じです。だから結構冷めてるわけですね。

 

正直なところ都会の美味しい給食を食べなれている私にとって田舎の給食は苦痛でした。

私の母親も保護者会で給食を食べたことがあったらしいですが、まずいねって言ってましたね。

 

他にも色々ありましたね。遊び方が全く違いました。

 

都会にいる時は基本的に友人と鬼ごっこ(ただの鬼ごっこじゃなくてふやし鬼とか高鬼とか色々)とかペコポン?(缶蹴りみたいな遊び)をしてました。

授業でも比較的レクレーションみたいなのが沢山あってドッヂボールとかしてましたね。

 

ただ田舎に来てからはまず男子6人な訳です。

だから学年を超えて遊ぶわけですが、毎回サッカーなんですよ。

これは球技が苦手な私にとっては苦痛なことでした。田舎の小学校に来て小5、6の2年間はずっと毎日サッカーです。苦痛すぎにも程がありましたね。

 

生活面でも田舎はキツかったです。かなり家から距離がありましたし、おまけに朝が都会より30分早い8:00登校完了でした。

 

神奈川にいる時は家から学校まで徒歩1分、8:30登校完了でした。だから毎日おはスタ見てその後学校に行ってました。

今思っても都会の生活は幸せでしたね。

 

そして田舎では下校後友人と遊ぶこともほとんどありませんでした。

仲が悪かったわけではありません。

家一軒一軒が遠すぎるのです。

帰りとかに友人の家に行ってそのまま遊びたかったんですが、それは学校の規則では許されてなかったんで、無理でした。

だから結局家に帰ってゲームとYouTubeを見て目を酷使してしまいました。

多分都会より田舎にいる方が目が悪くなるんじゃないでしょうか?

自然は確かに多いけど遊ぶ場所、遊ぶ人もいないんですよね。

 

小学校6年生の時の1年間

この時期は企画的に田舎の暮らしに慣れてきたと思います。

海が近かったことから釣りを始めた時期でもありました。

ただこれと言って特別なことはありませんでしたね。ただ私は小1からプールをしていて、長崎に引っ越してからもプールに通っていたのですが、

小6の時にプールで1級のクラスになって泳ぐのめちゃくちゃキツかったなっていうことくらいしかありませんね

あと私に中では漫画ブームが起こってこの頃からキングダム、神さまの言うとおり、GANZUにハマります。

とても小学生が見るような漫画ではありませんね笑笑

そしてあっという間に卒業って感じでした。

早かったですね、かなり

 

今思い返すともし神奈川に残り続けてたらどうなってたんだろうと思いますね。

正直なところ神奈川に残っておきたかった。

実は小1、2の時の仲の良い友人がいて(いわゆる親友)、その子とアパートの部屋が隣だったんですね。ただその子は小3になる前に引っ越してしまいました。その後小4でまたその子が神奈川に戻ってきたのですが、それと同時に次は私が長崎へ引っ越しになりました。

その後その友人も長崎に引っ越したのですが、住んでいる市が違って遊ぶことがなかったんですね。もっと一緒に遊んどきたかったと言うのがあります。

 

かなり凝縮しましたがこんな感じです。

ざっと書いたので結構省いてるところもあります。

今後リライトする時に付け加えるかもしれません。まぁ最近は大学の方で忙しいのでこれくらいにしておこうかなと思います。

 

ということで今回はこのくらいにします。

ここまで見て頂きありがとうございました。

他の記事もよかったら見てみてください。